メイクの資格と検定

メイク関連の資格がある人と無い人の差は?

メイク関連の資格がある人と無い人の差

資格が無くてもメイクアップアーティストになれますが、実際にはスクールや通信講座を利用し資格取得を目指す方も多くいます。

資格を持っている人と無い人とでは、就職に有利な点とお客さんからの信頼感に多少影響します。

メイク関連の就職先へ有利

メイク関連検定では能力を測ったり、評価するための検定試験や認定試験が実施され、それに合格することで資格を得ることができます。

実施されているものの代表的な認定試験と検定試験は3つあります。

・社団法人日本メイクアップ技術検定協会主催のJMAメイクアップ技術検定。
・日本メイクアップ連盟主催の「MSOJ認定メイクアップ検定。
・国際美容連盟主催のIBF国際メイクアップアーティスト認定試験。

これらの検定、認定試験は民間の団体によるもので受験資格、目的、費用等すべて異なります。

メイク関連の資格を持っていることで、どのようなスキルを手にしどのくらいのレベルであるのかを書面でもって証明できます。

書面で証明できるということは履歴書で第一関門を突破しなければいけない就職活動の際にとても有利で、自分の腕をアピールする手段に活用できます。

また独立やフリーとして活躍する場合でも同様に初めての方に対し、腕を披露する前にまず信頼感を与えることもできるのです。

資格が全てではないが・・・

美容師はハサミを使いパーマ液などの薬剤を使用することからその道のプロとして活躍するためには、国家資格が必要となります。

この資格はあくまでも「ハサミ」と「薬剤」という危険物を取り扱うことから、取得が義務付けられているように思われ実際の現場では特に重要視されない傾向にあるといいます。

メイクの場合はそれが特に顕著で資格検定がどうこうより、まずどのくらいの腕があるのかを明らかにできれば十分プロとして活躍できます。

いくら資格を持っていても腕が高く評価されなければ意味がない実力主義の世界なのです。

特にテレビ業界やモデルなど多くの方の目につくような仕事をするアーティストのメイクを担当する場合、完成度の高さによってメイクアップアーティストの腕が評価されます。

高いレベルの資格を持っていても、完成度が低く各アーティストからの評判が悪ければ、指名される機会も少なく次第に活躍の場を失うことになるかもしれません。

就職さえできてしまえば、資格の有無はそれほど関係なくなります。ですが、就職する時の面接やお客さんと接する時の話では資格を持っている方が有利なんだと知っておいた方が良いでしょう。

第一関門を突破する事ができれば、その後はやはり実力がものをいう業界となりますので、現場で技術を身に付けるのが重要な事だと認識しておきましょう。

メイクアップアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • メイクアップアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずメイクアップアーティストの世界に触れてみたい!

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
メイクアップアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!