プロになる準備

メイクの勉強費用は?独学・通信・通学で学ぶと何が違う?

独学・通信・通学で学ぶと何が違うのか

仕事が多岐にわたり、かつ年齢問わずいつからでもいつまででもはじめることができ、子育て中や専業主婦でもやる気と努力さえあれば、始めることができるメイクアップアーティスト。

特に若い人から人気が高く志望する方も年々増えていますが、現場では今だ人材不足の傾向にあるとも言われています。

つまり技術力、知識、努力とやる気、情熱と新しい情報を取り入れる能力などの実力を身につけることさえできれば、トップメイクアップアーティストとして幅広く活躍するチャンスはたくさんあるということです。

どのような勉強方法があるの?

実際にこの職業に就くためには何から勉強したらいいの?
どこで学び、どのくらいの費用と期間が必要なのか?全く想像できない人も多いはずです。

一般的にメイクアップアーティストになるためには、美容系のスクールや学校を利用する通学スタイル、その他都合の良い時間を効率よく活用できる通信講座や通信教育で学ぶスタイル、市販のDVDや教材、道具を活用し独学で身に付けるという方法があります。

スタイルその1・独学で学ぶ方法

メイクアップアーティストに限らず何かを習得したい場合、独学というスタイルでも十分可能です。
実際にメイクアップアーティストのプロとして活躍している方の中にも独学で技術力や知識を習得している人もいないわけではありませんが、本当に稀です。

なぜ数が少ないのか?

それは独学という勉強方法が非常に厳しいからです。

まず、独学は自分の意思で勉強をしなければいけません。
そのため周りの誘惑に負け、計画的な勉強を続けることが難しい状況にあります。

誰かに教えてもらうことも誰かと比較することも無いため、どのくらいの技術力を高められているのかを判断することができないという問題があります。

独学で進めた場合、プロとして活躍できるだけのスキルを得るためには数年以上は最低でも必要不可欠。
長年勉強に時間をかけても途中で断念し、メイクアップアーティストになる夢すら諦めるケースも少なくありません。

ただ、別の勉強方法と比較すると市販の教材を使用することから費用は格段に安く抑えることはできるでしょう。

スタイルその2・通学・スクールで学ぶ方法

最も効率よく最短で確実にメイクアップアーティストになる手段としては、通学スタイルがあります。
学校に行くことさえできればプロの講師から直接知識と技術を学ぶことができます。

また周囲には同じ目標を持っている学生がいるので、切磋琢磨しスキルアップが可能となるでしょう。
スクールには実際の現場で活躍する講師陣が多いため、卒業後の就職サポート体制が充実しているという長所もあるなど計画的にメイクアップアーティストとして活躍できる道が開かれているのがこのスタイルです。

スクールによっては最短で約半年、たっぷりと勉強を重ねたとしても2年程度でプロとして活躍できます。
ただ、学校選びは慎重に行う必要があります。

学校によっては入学金、受講料、教材費などを含め数百万になることもありますし、それだけの費用をかけても十分な指導を受けられないケースもゼロではありません。

スタイルその3・通信講座、通信教育で学ぶ方法

最近特に注目されているのが、通信講座や通信教育です。
主婦や別の仕事を抱えている人など通学するには、時間に余裕が無い人が利用しているのが一般的です。

都合の良い時間帯を利用しつつ、メイクアップアーティストの基礎知識や技術をある程度学ぶことができることで、幅広い年齢層から人気を集めています。

勉強にかかる費用は通学スタイルと比較しても、格段に費用を抑えることが可能です。また、コースによっては数万円単位で十分に基礎知識を学ぶことも可能です。

学校に通うだけの交通費等を考えても自宅という環境できる通信教育は、今やメイクアップアーティストだけでなく幅広い分野で活用されているスタイルとなります。

メイクアップアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • メイクアップアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずメイクアップアーティストの世界に触れてみたい!

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
メイクアップアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!