プロになる準備

メイクさんの年齢制限?何歳からでもなれるのか?

メイクさんに何歳からでもなれるのか

メイクアップアーティストになるにはメイクに関する基礎知識や技術力だけでなく、その他様々な能力を要求されます。

そのため美容専門のスクールや通信教育、独学などでこれらの知識や技術を学ぶ必要があります。
しかし、特別な年齢制限などはありません。

若い人に人気を集めている業種ではありますが、主婦やOL、退職者や男性女性問わず、いくつになっても学ぶことはできます。
やりたいという強い意志があれば年齢問わずいつからでもメイクアップアーティストとして活躍することもできます。

年齢制限はないが、若い人の採用率が高くなる現状

メイクアップアーティストになるためには、色々な勉強をする必要があります。
そのためには学校や通信教育、独学など学びの環境を選択し自分にあった方法で、メイクアップアーティストを目指す準備をしなければいけません。

学校や通信教育、独学で学ぶ場合には特に年齢制限はありません。しかし、就職のことを考えると、やや年齢が不利に働く場合もあります。

なぜなら就職先の募集要項に年齢が定められているケースが多いため資格取得をしたとはいえ、就職という壁を越えるのは簡単ではありません。

また、仕事に就けたとしても不規則な業種であるため、連日の残業、休日出勤などのことを考えると独身の若い人の採用率が比較的高くなるのはやむ得ません。

就職以外の選択肢で年齢問わず活躍できる?

ただし、若いうちにメイクアップアーティストの資格を取得したり、子育てが終了したと同時にスクールに通い、資格取得や技術力習得に専念している女性も少なく無いのです。

中高年以上でスタートさせた方の場合には、会社に就職するのではなく個人サロンを立ち上げたり、個人事務所と契約するなどフルタイムでの勤務というよりは、都合の良い時間帯を上手に活用しつつ気軽に仕事を続けるというスタイルの方が多いように思われます。

そのため子育てと両立させている人、別の仕事と両立し副業感覚で行っている人、個人サロンを自宅一室に設けている人、友人のヘアサロンのメイクを担当している、ブライダルサロンと契約するなどのスタイルが一般的です。

年齢制限はありませんが、若い人のように簡単に就職をすることは今や厳しい状況にあります。

それでも幅広いステージで活躍できる職業となっていますので、卒業後どのような道を選択するかによって一生の仕事となることは間違いありません。

年齢問わず体力に自信がなければ精力的に活動できない?

だた注意したいのが、体力です。

いくつになってもやりたいという強い意志と、明確な目的があればメイクの仕事をするのは難しい事ではありません。
しかし、一見華やかな印象を与えるメイクの仕事は実は過酷で体力を大きく要する仕事なのです。

急な仕事の依頼、遅い時間まで行われる撮影による残業、休日出勤、各地方へ飛び回るなど会社員や公務員のように出勤や退社時間が決まっているわけではなく、さらにはまともに休日を取ることができない場合もあるでしょう。

特にフリーに転身した場合には、自宅に帰宅できない日々も多くなる可能性もあります。
そのため体力に自信がなければ続かない場合もあるのです。

若い人もしかり、健康に気をつけ体力に誰よりも自信がなければ、幅広いステージで精力的に活躍することは難しくなるでしょう。

メイクアップアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • メイクアップアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずメイクアップアーティストの世界に触れてみたい!

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
メイクアップアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!